オフィス移転にかかる費用は?

  • オフィス移転に必要な費用とは

    • オフィス移転の際に最も気になるのが費用のことではないでしょうか。
      個人の引越と違い大掛かりなものになるので、予算を組む時も無駄なお金や追加料金がかからないように移転のプランニングから注意を払う必要があります。
      オフィス移転に関わる出費としては現オフィスからの退去にかかるもの、移転作業にかかるもの、新オフィスへの入居にかかるものの3つに大別されます。



      現オフィスから退去する時には原状回復し、明け渡すまでの家賃を支払い、水道光熱費の精算をしなければなりません。



      また、退去予告時期を誤ると無駄な家賃を支払わなければならないこともあるので契約書を確認することが重要です。
      移転作業は引越代金だけではなく、新オフィスに持っていかない机やキャビネットなど不用品の廃棄物処理費が必要になります。古物商の免許を保有している引越し業者であれば買取ってもらえる場合もあるので確認しておきましょう。



      新オフィスへの入居には内装・パーティション工事費、新しい家具の購入費、通信設備費、仲介手数料・保証金などが必要です。
      仲介手数料・保証金を除くこれらの費用はオフィスレイアウトによって大きく違ってきます。


      オフィス移転で費用の節約を考えるなら、オフィスレイアウト検討時に費用面も併せて考えることがポイントになります。

      このように、オフィス移転には様々な費用が必要になります。
      移転の規模や移転先の環境によっても異なります。

      計画段階から細かく確認しておくことが重要です。

top